5月下旬頃 入荷予定 PS-100GP-Di 絶品 HONDEX ホンデックス プロッター 魚探 デジタル 10.4型液晶 最前線の

【5月下旬頃 入荷予定】 PS-100GP-Di HONDEX ( ホンデックス ) 10.4型液晶 プロッター デジタル 魚探

5月下旬頃 入荷予定 PS-100GP-Di HONDEX ホンデックス プロッター 魚探 デジタル 10.4型液晶 最前線の ホンデックス,HONDEX,10.4型液晶,アウトドア、釣り、旅行用品 , 釣り , フィッシングツール,魚探,(,入荷予定】,デジタル,),PS-100GP-Di,xn--fx-gh4athsb0fb5e.biz,/Labradorean119295.html,75636円,プロッター,【5月下旬頃 75636円 【5月下旬頃 入荷予定】 PS-100GP-Di HONDEX ( ホンデックス ) 10.4型液晶 プロッター デジタル 魚探 アウトドア、釣り、旅行用品 釣り フィッシングツール 5月下旬頃 入荷予定 PS-100GP-Di HONDEX ホンデックス プロッター 魚探 デジタル 10.4型液晶 最前線の ホンデックス,HONDEX,10.4型液晶,アウトドア、釣り、旅行用品 , 釣り , フィッシングツール,魚探,(,入荷予定】,デジタル,),PS-100GP-Di,xn--fx-gh4athsb0fb5e.biz,/Labradorean119295.html,75636円,プロッター,【5月下旬頃 75636円 【5月下旬頃 入荷予定】 PS-100GP-Di HONDEX ( ホンデックス ) 10.4型液晶 プロッター デジタル 魚探 アウトドア、釣り、旅行用品 釣り フィッシングツール

75636円

【5月下旬頃 入荷予定】 PS-100GP-Di HONDEX ( ホンデックス ) 10.4型液晶 プロッター デジタル 魚探

楽しく・手軽に魚探をはじめられる!HONDEXのPSシリーズ。


合計30,000円(税別)以上ご購入で送料無料*一部地域を除く
はじめてのお客様へ ショッピングガイド 会社概要 お問い合わせ 買い物かご 楽しく・手軽に魚探をはじめられる!HONDEXのPSシリーズ。


楽しく・手軽に魚探をはじめられる!HONDEXのPSシリーズ。
PSシリーズはリーズナブルな価格、さらに使いやすい操作で、魚探がはじめての方でも安心して使うことができるシリーズです。


◎標準装備品
 本体&架台、振動子:TD28(8m-3P)、電源コード:DC06(2m)、ハードカバー:CV02


◎高視野角で明るいボンディング液晶画面&薄型軽量ボディ!
 表示部ドット数は640×480と非常に高精細で、細やかな反応や文字もはっきりと見えます。
 また、高輝度液晶(1000カンデラ)の採用により直射日光下などの明るい場所での視認性もバツグンです。
 本体サイズはW272×D120×H240mmと薄型で、質量約2.3kgのスリム設計です。
 さらにボンディング液晶の採用により、液晶の視認性を向上させるとともに結露を防止します。


◎最高峰の魚探性能を備えたHONDEXのDiシリーズ!
 受信した微弱な信号をダイレクトにデジタル変換する新しいテクノロジーを導入したHONDEXのDi−デジタルシリーズ。
 状況に応じた最適なフィルタリングか可能となり、水深に応じた最適な映像を表示します。
 最新デジタルテクノロジーで雑音(ノイズ)の少ない高品質な画像表現を実現しました。


−こんな機能が欲しかった!デジタルならではの多彩な機能−

 おさかなサイズ表示
  デジタルシリーズでは、好評のおさかなキャラクター機能にサイズ表示を追加しました。
  1〜99のサイズで判断でき、さらに瞬時に実際の映像で反応などを確認できるように「表示/非表示」の
  ワンタッチ機能、通常画面との2画面表示を採用しました。
  ※当機能100mレンジ以内で使用可能です。
  ※サイズ表示の数値は、さまざまな要因により誤差が生じる場合があります。あくまでも参考値としてお考えください。

 おさかな深度表示
  おさかなキャラクター表示に海底からの高さ、また海面からの深さ表示(単位:m)を追加しました。
  ※当機能は100mレンジ以内で使用可能です。
  ※深度表示の数値は、さまざまな要因により誤差が生じる場合があります。あくまでも参考値としてお考えください。

 同一周波数2画面表示
  同じ周波数の魚探画像を2画面に分割表示し、それぞれの感度を調整することができます。
  2つの画面を見比べることで、より最適な感度がセッティングできます。

 全画面感度調整
  これまでの魚探では感度を変更するとその時点から変わっていましたが、デジタル魚探では
  画面上(過去の記録)の感度の変更ができるようになりました。
  この機能が搭載されたことで、画面全体(過去の記録)を見ながら感度調整ができるため、
  これから魚探をはじめる方でも鮮明な画像をマニュアル(手動)セッティングできます。


充実の魚探&プロッター機能!

◎2周波対応で探知フィールドが広がる!
 200kHzは指向角が狭く、自船の直下をピンポイントで探知することができ、また高い分解能を発揮します。
 一方、低周波の50kHzは高周波の200kHzに比べると超音波が減衰しにくいため、より深場まで探知することが
 できます。それぞれの周波数の特長を上手く使い分ければ、浅場から深場まで幅広く探知することができます。


◎魚探オート機能
 魚探初心者の方でもすぐに使用できるよう、魚探オート機能を搭載しています。
 オートレンジ(深度)・オートゲイン(感度)を使用すれば全自動で動作するので、特に操作をする必要がありません。

 オートレンジ
   常に海底が表示されるように、魚探の深度(表示レンジ)を自動的に切り替えます。
   ON時は画面右下に[AUTO]が表示されます。
 オートゲイン
  海底の反応が常に一定になるように、感度を自動調節します。ON時は画面左上に[AUTO]が表示されます。


◎拡大画面表示
 海底付近を2倍/4倍/8倍に拡大でき、根付魚群や起伏、魚群の密度などが明確になります。


◎釣行フィールドを広げる全国地図を内蔵
 高性能CPUの採用により、地図描写速度はトップクラス。高速走行中もスムーズに海岸線を表示します。


◎地図2画面表示
 大画面を活かして、プロッター魚探を左右・上下に分割して、縮尺の違う2つの地図を同時に表示できます。


◎マーク位置の日時・水深表示
 登録したマークにカーソルを合わせると、登録した日時、水深データを表示できます
 (オプションの水温センサーを取り付ければ、水温も表示できます)。


主な仕様
 表示部 タイプ 10.4型液晶
 表示画面 横型
 表示部ドット数 640×480
 電源電圧 DC11〜30V
 消費電力/電流 約20W 約1.6A/12V
 本体寸法(mm) W272×D120×H240
 本体質量 約2.3kg
 魚探 周波数 50/200kHz
 出力 600W
 表示レンジ *1 最大:0〜1000m 最小:0〜5m
 その他魚探機能 自動深度・自動感度、魚探拡大
 プロッター 記憶点数 航跡:32,000点
 マーク:24,000点
 地図データ 全国詳細地図
 アンテナ *2 *3 GPS内蔵
 その他プロッター機能 ライン作図、潮汐グラフ
 *1 表示レンジは、測深能力を意味しておりません。
 *2 取付場所によっては受信できない場合があります。
 *3 PSシリーズは外付アンテナを接続できません。
 *注意:PSシリーズはデータ移設非対応です。


◎対応オプション
 水温センサー TC01C(6m)、TC01G(3m)、
 TC03-05(5m)、TC03-10(10m)
 万能パイプ+先金具 BP05+SK05、BP10+SK05
 トランサム用振動子 TD25 (8m-3P)

【5月下旬頃 入荷予定】 PS-100GP-Di HONDEX ( ホンデックス ) 10.4型液晶 プロッター デジタル 魚探

手元にLinux環境を用意したい人は必見です。手元のパソコンを使う方法のほかVirtual BoxやWSL2を使った構築方法について詳しく解説しています。

知識を身につけるには技術解説書を読むだけではなく、実際に手を動かして確認し問題集を繰り返し解いて理解を定着させる方法がオススメです!

出題範囲の内容を学習する上でわかりにくいテーマや技術について、講師によるデモを交えた解説を動画で学習することができます。

クラウド時代の即戦力であることを証明する
Linux技術者認定資格「LinuC」

証明できる技術対象領域は、オンプレミスだけではなく「クラウド環境」まで

あらゆるところでOSSが使われる今だからこそ必要な「オープンソースのリテラシー」

システム環境の多様化に対応したシステム設計ができる「システムアーキテクチャ」

LinuCレベル1
Version 10.0

物理/仮想環境の
Linuxサーバーの構築・運用

LinuCレベル3

各分野の最高レベルの
技術力を持つ専門家レベル

LinuCレベル1 /レベル2 Version 10.0は、クラウド時代に活躍する全てのIT技術者が身につけておきたい内容を網羅すべく生まれ変わった、新しい「LinuC」です。

  1. 現場で求められている技術要素に対応
    • ・クラウドを支える仮想化技術領域に拡大
    • ・オープンソースの文化への理解を追加
    • ・システムアーキテクチャの要素を導入
  2. 全面的に見直した出題範囲
    新しい技術要素の追加はもちろん、古い技術の削除や入れ替え、出題構成の見直し、出題範囲の記述の詳細化と平易な説明文への変更と併せて、学びやすさ教えやすさを実現
  3. Linuxにとどまらない認定領域
    Linuxシステムの構築・運用に関わるLinux技術者にとどまらず、クラウドシステムや各種アプリケーション開発に携わるIT技術者にとっても有効な技術認定へ発展

LinuCは、中立・公正にLinux技術者の技術力を3つのレベルで証明することができる認定資格です

教育機関・法人の皆様向け

お知らせ

お知らせ一覧

LPI-Japanについて

認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、日本における
ITプロフェッショナルの育成、さらには関連するビジネスの促進に寄与する活動を展開しています。

ページトップへ