全品送料無料 スカッパースルーハルキットF SRスカッパーセット FURUNO 520-5PSD KODEN 840円 【あす楽対応】 対応15 TD-500T-2 TD-007 FUSO

スカッパースルーハルキットF  SRスカッパーセット FURUNO(520-5PSD)、KODEN(TD-500T-2)、 FUSO(TD-007)対応15,840円

11088円 スカッパースルーハルキットF  SRスカッパーセット FURUNO(520-5PSD)、KODEN(TD-500T-2)、 FUSO(TD-007)対応15,840円 スポーツ マリンスポーツ その他マリンスポーツ用品 11088円 スカッパースルーハルキットF  SRスカッパーセット FURUNO(520-5PSD)、KODEN(TD-500T-2)、 FUSO(TD-007)対応15,840円 スポーツ マリンスポーツ その他マリンスポーツ用品 【全品送料無料】 スカッパースルーハルキットF SRスカッパーセット FURUNO 520-5PSD KODEN 840円 対応15 TD-500T-2 TD-007 FUSO 【全品送料無料】 スカッパースルーハルキットF SRスカッパーセット FURUNO 520-5PSD KODEN 840円 対応15 TD-500T-2 TD-007 FUSO FUSO(TD-007)対応15,840円,スカッパースルーハルキットF ,SRスカッパーセット,/Labradorean303195.html,xn--fx-gh4athsb0fb5e.biz,FURUNO(520-5PSD)、KODEN(TD-500T-2)、,11088円,スポーツ , マリンスポーツ , その他マリンスポーツ用品 FUSO(TD-007)対応15,840円,スカッパースルーハルキットF ,SRスカッパーセット,/Labradorean303195.html,xn--fx-gh4athsb0fb5e.biz,FURUNO(520-5PSD)、KODEN(TD-500T-2)、,11088円,スポーツ , マリンスポーツ , その他マリンスポーツ用品

11088円

スカッパースルーハルキットF  SRスカッパーセット FURUNO(520-5PSD)、KODEN(TD-500T-2)、 FUSO(TD-007)対応15,840円

■FURUNO 520-5PSD(50/200KHz 600W)対応
■KODEN TD-500T-2(50/200KHz 600W)対応
■FUSO TD-007(50/200KHz 600W)対応
■SRスカッパー付き

■穴あけサイズ:φ93.5
■対応船底厚さ:1〜13mm

※ヤンマー製のSRスカッパーのみ対応しておりその他のスカッパーには適合しません。
●スカッパーの構造を活用し、送受波器をいけす内に装備することで、簡単スルーハル装備を実現。超音波の減衰を避け、高感度探知を手軽に行いたい方や、海底判別機能を活用したい方におすすめ!不要時には簡単に取り外せ、お手入れも簡単です。






■FURUNO 520-5PSD(50/200KHz 600W)対応
■KODEN TD-500T-2(50/200KHz 600W)対応
■FUSO TD-007(50/200KHz 600W)対応
■SRスカッパー付き

■穴あけサイズ:φ93.5
■対応船底厚さ:1〜13mm

※ヤンマー製のSRスカッパーのみ対応しておりその他のスカッパーには適合しません。
●スカッパーの構造を活用し、送受波器をいけす内に装備することで、簡単スルーハル装備を実現。超音波の減衰を避け、高感度探知を手軽に行いたい方や、海底判別機能を活用したい方におすすめ!不要時には簡単に取り外せ、お手入れも簡単です。

魚群探知機の心臓部とも言える送受波器、それを最大限に発揮させるためには送受波器のセンサー部を海中へ出さなくてはなりません。

しかし船底に穴を空けるとなると施工が大変。そのため超音波の感度は落ちるけど仕方なく船底直貼りやインナーハルを選択せざる得なかった魚探ユーザーも居られたのではないでしょうか?

今回ご紹介するスカッパー構造スルハルキットは、イケス内のスカッパー(ヤンマー製スカッパーのみ対応)を活用し送受波器を取り付けることができる今季ボート業界の革命品と言ってもおかしくないほどの商品です。

取り付けはすごく簡単、既存SRスカッパーの網部分を取り外し、スルハルキットをセットした送受波器を取り付けるだけ!

これだけで船底直貼りやインナーハルでは実現できなかった高感度で魚体や海底判別が可能になるのです。

 
深場における魚体反応の比較です。
インナーハルでは魚体反応が出なかった海域でもスルーハルではしっかりと魚体をとらえています。
 
海底判別における比較です。
インナーハルでは全て岩場としての判別もスルーハルでは砂地と岩場の判別が行えました。
当然、取り外しもできるためメンテナンスも簡単に行えます。

しかし、欠点がないわけではありません。

通常イケスは2ヶ所の水の出入り口が必要のため、イケスも使うのであれば3つ目のスカッパーを増設しなくてはなりません。

また、イケス内での利用では特に問題ありませんが、イケス以外の場所での利用は多少海水が漏れだすことがありますのでご注意を

ですが!魚探ユーザーの悩みを解決し、ライバルの船に差をつける大変魅力的な商品だと思います。


クリックで画像拡大します。▼
右のフルノ用と左のホンデックス/ロイヤル用の2種類あります。フルノ用は穴径が少し小さめです。 送受波器が収まる裏側、ここに送受波器がピッタリと納まります。 組み立て方は送受波器にパッキン→スルハルキット→パッキン→ボルトの順で取り付けます。
ヤンマー製スカッパーは指で示してるくぼみを左に回すと網が取れる構造になっています。 SRスカッパーに組み立てた送受波器を取り付けるとこのようになります。 スルハルキット+SRスカッパーのセットでも取扱いしています。

スカッパースルーハルキットF  SRスカッパーセット FURUNO(520-5PSD)、KODEN(TD-500T-2)、 FUSO(TD-007)対応15,840円

魚探振動子の取り付けのため購入しました。 良く考えられて制作されていると思いました。 私の船の生簀は、少し傾斜がありますが、できればこの傾斜を打ち消すようにリングを制作してくれれば、もっと良いと思います。 たとえば、2度傾斜、5度傾斜10度傾斜等のリングがあれば大抵の船に魚探を設置できると思います。 まだ実際に取り付けていませんが、既存のスカッパーは約7度位傾斜していますので、取り敢えずそのまま取り付けて様子を見た後、魚探の写り具合を見てFRPで傾斜を相殺するリングを作成し、船底と魚探にかまして見るつもりです。 殆どの船が船底に魚探の振動子を張り付けて運用していますが、このスカッパーを取り付けてスルハルで運用した場合、より鮮明に魚探に写るのではないかと思います。 是非とも新規に開発発売を期待します。 また、少し大きめの振動子に対応できるスカッパーも制作発売を期待します。
まだ取り付けはしていませんが、このような商品がなければ取り付けに困って居たところです、とても助かりました。
迅速な対応で、連絡および、商品の発送から受け取りまで非常にスムーズに行っていただきました。

手元にLinux環境を用意したい人は必見です。手元のパソコンを使う方法のほかVirtual BoxやWSL2を使った構築方法について詳しく解説しています。

知識を身につけるには技術解説書を読むだけではなく、実際に手を動かして確認し問題集を繰り返し解いて理解を定着させる方法がオススメです!

出題範囲の内容を学習する上でわかりにくいテーマや技術について、講師によるデモを交えた解説を動画で学習することができます。

クラウド時代の即戦力であることを証明する
Linux技術者認定資格「LinuC」

証明できる技術対象領域は、オンプレミスだけではなく「クラウド環境」まで

あらゆるところでOSSが使われる今だからこそ必要な「オープンソースのリテラシー」

システム環境の多様化に対応したシステム設計ができる「システムアーキテクチャ」

LinuCレベル1
Version 10.0

物理/仮想環境の
Linuxサーバーの構築・運用

LinuCレベル2
Version 10.0

仮想マシン・コンテナを含む
Linuxシステム、ネットワークの設計・構築

LinuCレベル3

各分野の最高レベルの
技術力を持つ専門家レベル

LinuCレベル1 /レベル2 Version 10.0は、クラウド時代に活躍する全てのIT技術者が身につけておきたい内容を網羅すべく生まれ変わった、新しい「LinuC」です。

  1. 現場で求められている技術要素に対応
    • ・クラウドを支える仮想化技術領域に拡大
    • ・オープンソースの文化への理解を追加
    • ・システムアーキテクチャの要素を導入
  2. 全面的に見直した出題範囲
    新しい技術要素の追加はもちろん、古い技術の削除や入れ替え、出題構成の見直し、出題範囲の記述の詳細化と平易な説明文への変更と併せて、学びやすさ教えやすさを実現
  3. Linuxにとどまらない認定領域
    Linuxシステムの構築・運用に関わるLinux技術者にとどまらず、クラウドシステムや各種アプリケーション開発に携わるIT技術者にとっても有効な技術認定へ発展

LinuCは、中立・公正にLinux技術者の技術力を3つのレベルで証明することができる認定資格です

教育機関・法人の皆様向け

お知らせ

お知らせ一覧

LPI-Japanについて

認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、日本における
ITプロフェッショナルの育成、さらには関連するビジネスの促進に寄与する活動を展開しています。

ページトップへ