ドゥーテスト 【残りわずか】 おまけ付 hCGa 妊娠検査薬 1回用 ロート製薬 第2類医薬品 1個

ドゥーテスト・hCGa 妊娠検査薬 1回用 ロート製薬 (1個) 第2類医薬品

385円 ドゥーテスト・hCGa 妊娠検査薬 1回用 ロート製薬 (1個) 第2類医薬品 ダイエット、健康 医薬品、医薬部外品 検査薬 385円 ドゥーテスト・hCGa 妊娠検査薬 1回用 ロート製薬 (1個) 第2類医薬品 ダイエット、健康 医薬品、医薬部外品 検査薬 ドゥーテスト 【おまけ付】 hCGa 妊娠検査薬 1回用 ロート製薬 第2類医薬品 1個 ドゥーテスト 【おまけ付】 hCGa 妊娠検査薬 1回用 ロート製薬 第2類医薬品 1個 妊娠検査薬,385円,/infibulation943853.html,ダイエット、健康 , 医薬品、医薬部外品 , 検査薬,ドゥーテスト・hCGa,(1個),xn--fx-gh4athsb0fb5e.biz,第2類医薬品,1回用,ロート製薬 妊娠検査薬,385円,/infibulation943853.html,ダイエット、健康 , 医薬品、医薬部外品 , 検査薬,ドゥーテスト・hCGa,(1個),xn--fx-gh4athsb0fb5e.biz,第2類医薬品,1回用,ロート製薬

385円

ドゥーテスト・hCGa 妊娠検査薬 1回用 ロート製薬 (1個) 第2類医薬品

使用期限は6カ月以上先のものを送ります。ドゥーテスト・hCG妊娠検査薬は、月経予定日の約1週間後から使用することができる。朝、昼、夜、どの時間帯の尿でも検査でき、1分で判りやすい表示で結果が分かる。99%以上の正確さで尿中のhGCを検出。(ただし、この検査薬は妊娠しているかどうかを補助的に検査するものであり,妊娠の確定診断を行うものではない。)

花粉症 自分で簡単・正確に確認できる妊娠検査薬
商品名 ドゥーテスト・hCGa 妊娠検査薬
効能・効果 尿中のヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)の検出(妊娠の検査)
保管上の注意 ・小児の手の届かない所に保管してください。
・直射日光を避け,なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください。
・使用直前までテストスティックの袋は開封しないでください。
・使用期限の過ぎたものは使用しないでください。
■保管方法・有効期間
室温保管25ヶ月(使用期限は外箱およびテストスティックの袋に記載)
消費者相談窓口 会社名:ロート製薬株式会社
問い合わせ先:お客さま安心サポートデスク
電話:0120-373-610
受付時間:9:00〜18:00(土,日,祝日を除く)
製造販売会社 ロート製薬(ROHTO)
用法・用量

■使用方法
●検査ができる時期
生理予定日のおおむね1週間後から検査できます。また,朝,昼,夜,どの時間帯の尿でも検査できます。
*検査のしかた朝,昼,夜,どの時間帯の尿でも検査できます。
■検査の手順
個包装を検査直前に開封しテストスティックを取り出してください。
(1)キャップを後ろにつける
(2)尿を約2秒かける※5秒以上かけないでください。
しっかり尿をキャッチするから,少ない尿量で検査可能!
※紙コップ等を使用する場合は乾いた清潔なものを用い,採尿部全体が浸るように2秒以上つけてください。5秒以上はつけないでください。
(3)キャップをして,平らな所に置いて約1分待つ
※10分を過ぎての判定は避けてください。
*判定のしかた
スティック窓の確認部分にラインが出ていることを確認してください。(薄くても確認部分にラインが出ていれば正しく検査できています)
●陽性【判定】部分に赤紫色の縦のラインが出たとき(薄くても判定部分に縦のラインが現れたら陽性です)
妊娠反応あり妊娠の反応が認められました。妊娠している可能性があります。できるだけ早く医師の診断を受けてください。
●陰性【判定】部分に赤紫色の縦のラインが出なかったとき
妊娠反応なし今回の検査では妊娠反応は認められませんでした。しかし,その後生理が始まらない場合は,再検査をするかまたは医師に相談してください。

使用上の留意点 ■使用に際して,次のことに注意してください。
●採尿に関する注意
にごりのひどい尿や異物が混じった尿は,使用しないでください。
●検査手順に関する注意
・操作は定められた手順に従って正しく行ってください。
・採尿後は,速やかに検査を行ってください。尿を長く放置すると検査結果が変わってくることがあります。
●判定に関する注意
・妊娠以外にも,次のような場合,結果が陽性となることがあります。
*閉経期の場合
*hCG産生腫瘍の場合(絨毛上皮腫など)
*性腺刺激ホルモン剤などの投与を受けている場合
・予定した生理がないときでも,次のような場合,結果が陰性となることがあります。
*生理の周期が不規則な場合
*使用者の思い違いにより日数計算を間違えた場合
*妊娠の初期で尿中hCG量が充分でない場合
*異常妊娠の場合(子宮外妊娠など)
*胎児異常の場合(胎内死亡,けい留流産など)
*胞状奇胎などにより大量のhCGが分泌された場合など
成分・分量

1本中

抗hCG・モノクローナル抗体(マウス)液 1μL
金コロイド標識抗hCG・モノクローナル抗体(マウス)液 33μL
添加物 なし

■してはいけないこと

:●検査結果から,自分で妊娠の確定診断をしないでください。

・判定が陽性であれば妊娠している可能性がありますが,正常な妊娠かどうかまで判別できませんので,できるだけ早く医師の診断を受けてください。

・妊娠の確定診断とは,医師が問診や超音波検査などの結果から総合的に妊娠の成立を診断することです。

ドゥーテスト・hCGa 妊娠検査薬 1回用 ロート製薬 (1個) 第2類医薬品

医薬品の品質管理と標準物質~ワーキングスタンダードと二次標準物質~

なぜ医薬品の品質管理において標準物質選びは重要なのか? 医薬品の品質管理において、物質のモノサシの役割をする標準物質は重要です。もしも、モノサシの目盛りが毎回…

<研究最前線>佐々木雄彦-脂質に注目して病態形成を明らかにする

東京医科歯科大学難治疾患研究所教授の佐々木雄彦先生は、生体内に存在する脂質と疾患との関係に注目し、脂質の生理活性と作用機序の解明を進めています。脂質研究・分析技…

定量NMR(qNMR)とは?

通常、有機物の純度はHPLCかGCで測定されますが、クロマトグラフィーを用いた純度は、検出したシグナルの面積値の割合に基づいており、この方法では、異なる物質は異…

<研究最前線>泊幸秀-古き良き生化学にこだわる姿勢

東京大学定量生命科学研究所教授の泊幸秀先生は、タンパク質に翻訳されないRNAである「ノンコーディングRNA(ncRNA)」に注目し、その機能や原理の解明に取り組…

<研究最前線>三浦正幸-細胞死を軸に広い視野で発生や成長をとらえる

東京大学大学院薬学系研究科教授の三浦正幸先生は、細胞死の研究を主軸としながら、発生や成長におけるサイズ制御や、再生における代謝制御、栄養と腸内細菌の関係など、多…

<研究最前線>塩見 美喜子-“動く遺伝子”から生殖細胞のゲノムを守る仕組みを解き明かしたい

東京大学大学院理学研究科教授の塩見美喜子先生は、生殖組織(卵巣・精巣)で特殊なDNA配列である「トランスポゾン」による遺伝子破壊からゲノムを守るための”品質管理…

<研究最前線>濡木理-生体分子の構造解析から昔願った生きがいを見出す

東京大学大学院理学系研究科教授の濡木理先生は、主に膜タンパク質や非翻訳RNA結合タンパク質を原子分解能レベルで観察し、その構造解析から生命現象を理解することを目…

<研究最前線>検査効率の向上を実現!アフラトキシン分析に適した多機能固相カラムとは

大量の検体を短時間で検査 一般財団法人マイコトキシン検査協会では、厚生労働省の登録検査機関として、輸入食品の検査などが行われています。検査は研究のための実験と…

<研究者インタビュー>つながり、発信し、研究する―後編―

光反応の可能性 ―諸藤先生は、大学での最初の研究テーマとして、光レドックス反応を選ばれました。ブログの「研究者の研究」で、この分野の大家であるデヴィッド・マク…

がん研究で3D培養を行うメリット

がん治療薬開発の課題 抗がん剤の開発候補品のうち、ヒトでの治療効果が認められるものはどのくらいあるのでしょうか。実は意外と少なく、研究者たちの悩みの種となって…

<研究者インタビュー>時の評価に耐える研究を

ロールモデルとなった師 ―小松先生がケミカルバイオロジーの分野を目指したきっかけは? 薬学部を選んだのは、世のためになることをしたかったというのが大きな理由…

カールフィッシャー法でよくあるトラブルと解決法

微量な水分を測定できるカールフィッシャー法 試料中に含まれる水分量を測定したい。そんなとき、最もよく用いられる方法のひとつが「カールフィッシャー法(以下、KF…

固相マイクロ抽出(SPME)法の理論と条件の最適化

シンプルで安価な抽出法「SPME」の特長 有機環境汚染物質や香料など、揮発性物質を分析するためには、分析対象物を何らかの方法で濃縮する必要があります。しかし、…

ACSクロマトグラフィー賞受賞!Janusz Pawliszyn博士インタビュー

科学界と産業界の連携がイノベーションを生み出す クロマトグラフィー分野で、新たな手法を開発した研究者に与えられるACSクロマトグラフィー賞。1970年から、メ…

<研究者インタビュー>辻佳子―「やりたいこと」に向き合って生きる

「やりたいこと」に素直に生きる 東京大学環境安全研究センター長として、研究者の環境安全教育に取り組む辻佳子教授。兼担している工学系研究科化学システム工学専攻で…

定量的ウェスタンブロットにおけるローディングコントロールの選び方

定量的ウェスタンブロットとローディングコントロール ウェスタンブロッティングは、細胞または組織から抽出された複雑な混合物から特定のタンパク質を同定するために広…

<インタビュー>研究者と社会の安全を守る!東京大学環境安全研究センターの取り組み

研究の環境安全を守るための教育 研究室には日常生活では扱わない危険なものが多く存在しています。薬品やガスは扱い方を一歩間違えると爆発や火災のような大きな事故を…

<注目ベンチャー>病気を「視る」薬を創る

2010年に大学発の技術を世に送り出すべく創業し、蛍光プローブの製造・販売を専門とする五稜化薬。唯一無二の製品で世界市場でも成功を収めています。そして現在同社は…

<研究者インタビュー>山口浩明―薬物動態を臨床の現場から研究する意味

様々なラボを渡り歩いて見つけた使命とは 東北大学病院副薬剤部長の山口浩明先生は、薬物動態のプロフェッショナルとして研究と臨床の両方をフィールドに活動されていま…

<研究最前線>分析技術で患者の負担を減らす治療薬物モニタリング

臨床現場で活躍する治療薬物モニタリング(TDM) 病院の薬剤部の業務は、医薬品の調剤や管理を行うだけではありません。注射薬や抗がん剤の調製、また、薬物血中濃度…

<研究最前線>触媒で編み出す100年来の新体系

新たな体系を作りたい 2018年、有機化学分野の若手研究者に与えられるベイダー賞の受賞者の一人に、佐藤弘規博士(当時テキサス大学オースティン校)が選ばれました…

「キャピラリーガスクロマトグラフィー」とは

クロマトグラフィーの歴史と発展 クロマトグラフィーは、気体、液体、超臨界流体を移動相とし、カラムと呼ばれる管の中に充填された固定相と物質の相互作用によって混合…

HPLCを行うときのアセトニトリルの選び方

リーマンショックが研究にも影響 有機合成の溶媒として、医薬、農薬、精密化学などで幅広く利用されるアセトニトリル。分析化学の分野では、高速液体クロマトグラフ(H…

研究留学の「生の声」を聞く!経験者からの8つのアドバイス

留学経験者から聞く「生の声」 留学を思い立ったとき、みなさんはまず、どこから情報収集するでしょうか。ネットで調べたり、本を買ったり、先輩に相談したり―。 情…

<研究最前線>HILICカラムがもたらすメタボロミクス多検体解析の革命

なぜZIC®-pHILICなのか 健康調査を通じてバイオバンクを構築、次世代型医療の創出を目指して様々な研究がされている東北大学東北メディカル・メガバンク機構…

<研究者インタビュー>平山祐-蛍光プローブ開発に至るまで

鉄イオンを高選択的に検出するプローブ開発で、ケミカルバイオロジー分野において注目を集める平山祐先生。研究者になるまでの経緯や、若手研究者へのメッセージを語ってい…

<研究者インタビュー> 別所毅隆 次世代太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」、トップランナーへの歩み

染物屋と化学者の遺伝子が反応!色付のカラフルな太陽電池 スイス・ローザンヌ工科大学、ソニー先端マテリアル研究所、東京大学先端科学技術研究センターと、太陽電池研…

<研究最前線>実用化は目前!塗って作れる次世代の有機無機複合太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」とは

重たいシリコン太陽電池から、塗って作れる軽い太陽電池へ 現代を生きる私たちにとって、この先どのようにエネルギーを供給していくかということは切実な問題です。資源…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

製薬分野の最新トレンド「中分子創薬」とは

創薬のパラダイムシフト 医薬品研究は極めて進展の速い世界であり、次々に新しいトレンドが訪れます。かつては、微生物を培養してその生産物から有効な物質を探す、「発…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

<研究最前線>エイズウイルス感染の仕組みを解明!治療薬の突破口に

エイズ治療の鍵を握る宿主細胞側の因子を探る エイズの原因であるHIVは、人の免疫系の司令塔であるTリンパ球細胞に感染し、免疫機能を奪っていきます。発熱、発疹、…

<研究者インタビュー>武内寛明―工学から医学へ。気がつけばエイズ研究の最前線に

エイズ治療への新たな希望 2014年、東京医科歯科大学の武内寛明先生は、コールド・スプリング・ハーバー研究所で、聴衆を興奮させる重大な発表を行いました。それは…

免疫組織化学、免疫細胞化学のための標本調製の進め方

免疫組織化学/免疫細胞化学と標本調製 免疫組織化学(IHC)とは、特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織切片の細胞から抗原(例:タンパク質)を検出する工程を…

<研究者インタビュー>琵琶湖からアマゾンへ 。「環境DNA」がかなえた夢

熱帯魚が決めた進路 魚類生態学分野の調査といえば、生物個体を捕獲して分析を重ねる手法が一般的です。そこに住む生物を詳しく調べることで、生態の謎を解き明かしてい…

<研究最前線>魚を獲らずに生態調査!「環境DNA」が注目される理由

水を汲むだけで魚の生態がわかる「環境DNA」とは これまでの生態学の常識を覆す研究手法「環境DNA」。実際に生物を捕まえて調査する従来型のアプローチとは異なり…

DIGシステムにおけるオリゴヌクレオチドプローブ作成方法

DIG標識オリゴによるハイブリダイゼーション ハイブリダイゼーションによる核酸の検出には、RI(放射性同位元素)を用いる方法と、抗原抗体反応と化学発光を利用す…

<インタビュー>牧田直大―京大発の技術でiPS細胞由来心筋細胞の社会実装を

iPS細胞由来心筋細胞の早期実用化を目指して 京都大学出身の牧田直大さん。学部時代の専攻は土木工学で、そのまま大学院の工学研究科に進みました。ところが、あるき…

<研究最前線>低コスト生産を可能にしたiPS細胞から作る心筋細胞の新技術とは

低コストで安全性の高い心筋細胞を作り出せる理由 iPS細胞の臨床応用が待ち望まれている臓器は無数にあり、心臓もそのひとつです。心臓病は世界的にも死因として大き…

<研究者インタビュー>丹羽節―有機化学で生命科学の新たな道を切り開く

異分野の研究者たちと交流を 理化学研究所生命機能科学研究センターでは、複数の異分野の科学者たちが協同してさまざまなプロジェクトが行われています。この記事では、…

身近に存在する揮発性有機化合物の影響、シックハウス問題を考える

VOCが引き起こすシックハウス症候群 VOCは実験のほかにも、溶剤として塗装、洗浄、印刷などの作業に幅広く使用されています。一方で、揮発性が高いため、目を刺激…

NMR測定の失敗リスクを回避するおすすめ実験器具と装置

貴重な試料を無駄にしないための工夫 有機化学の研究には欠かせないNMR(核磁気共鳴)法。ライフサイエンスの分野でもタンパク質や核酸の立体構造の解析に必要です。…

使い分けが重要!メンブレンフィルターとプレフィルターの違いとは

有形物を表面で捕捉するメンブレンフィルター スクリーンフィルターや精密ろ過膜とも呼ばれるメンブレンフィルターは、一定の大きさの菌体や粒子などの有形物、不溶物を…

抗体試薬を長持ちさせるコツ【保存と取り扱いのポイント】

正しい保存と取り扱いで長持ち 抗体の機能を維持し、寿命を長く保つためには、適切な保存や取り扱いが非常に重要です。適切に保存された抗体は、時間が経ってもほとんど…

抗原と抗体の相互作用とは【抗体技術の基本原理】

抗原と抗体の結びつき 免疫化学を活用した抗体技術は、ライフサイエンス研究の多くの分野において必要不可欠なツールとなっています。免疫化学の基本原理は「特異的な抗…

医薬品の元素不純物ガイドラインと分析のための認証標準物質

元素不純物の混入レベルを管理するために 医薬品への金属の混入は「元素不純物」と呼ばれ、いくつもの汚染源から発生します。医薬品の合成時に意図的に添加される場合や…